tomoshidachi solo exhibition

個展のお知らせ

 

志立 知 展

「The Sound of the Forest」

 

2022年10月18日(火)〜30日(日) 月曜休廊
12:00〜19:00  最終日 〜17:00 


レセプション 10月22日(土)17:00〜 (簡単なお飲み物のみ) 


場所 space 2*3
   東京都中央区日本橋本町1-7-9

         KURUM'ART contemporary

the sound of the forest dm_edited.jpg

statement

 

この夏、湖の近くにある森の中で2日間、一人きりで過ごす時間をもらいました。
 

ほとんど人の気配が残されていない場所。
そこで感じたのは、自然のもつ透明感と果てのないような連続性です。

 

大きい小さいとか、上と下とか、持ちあわせた尺度は少しずつぼんやりとして、淡々とリズムを

刻む、内からの小さな振動だけが、私に残されたただ一つのものであるような気がしてきます。


人間の想像には果てがありません。

森の中にいると、そこには音楽があると感じます。
メロディーではなく、なにか原始的な響き、反復するリズムです。

 

それは、無数の生物が刻む鼓動であり、大地の鼓動なのかもしれません。


 

それ自体に何か動的なエネルギーと緊張感を孕む三角形を、ひとつの「sign」として捉えました。

音のイメージを可視化し、それを視覚で捉え直したとき、内的な響き、あるいは突き上げるような

プリミティブなリズムを呼び起こすものとなるのではないか、と考えました。



内なる音に耳をかたむけることは、物質的な境界を越え、「わたしとは何か」を自らに問うことなのかもしれません。             

                           

 

statements

 

This summer, I was given two days alone in the woods near the lake.

A place where almost no human presence is left.
What I felt there was the transparency of nature and the seemingly endless continuity.

 

Divide, combine, multiply. The structure of the forest, which constantly flows and transforms, is too chaotic,

Words cannot capture it.

 

Big and small, top and bottom, the scales you have are vague little by little, and the rhythm is indifferent

I feel like the only thing left for me is a small vibration from within.

 

Before I knew it, my borders melted away, becoming part of the structure of the forest where life and death are intertwined.

I have completely calmed down.

 

Human imagination knows no bounds.

When I am in the forest, I feel that there is music.
It's not a melody, but something primitive, a repeating rhythm.

 

It may be the heartbeat of countless creatures, or the heartbeat of the earth.

 

The triangle itself, which itself contains some kind of dynamic energy and tension, was captured as a single “sign”.

I thought that visualizing the sound image and recapturing it visually would evoke an inner resonance or a primitive rhythm that pushes it up.

Listening to inner sounds may be a way to transcend physical boundaries and ask yourself, 

What am I?